アイシャドウベースとは?

Pocket

顔の中でも目につきやすく、メイクでも時間をかけることが多い目元周り。メイク崩れが気になる部分でもありますよね。

でも、アイシャドウベースというと、使っている人は意外と少ないように思います。
下地を塗っているし、してもしなくても、それほど変わらない、と思っているあなた。アイメイクをするかしないかで、将来、大きな差が生まれるかもしれないですよ。

ここでは、普段、見過ごされがちなアイシャドウベースについて、ご紹介します。

アイシャドウベース、使ってる?

 

 

 

 

 

 

メイクにお金をかける人でも、アイシャドウベースまで使っている人は少ないかもしれません。

目元は表皮が2ミリしかなく、顔の中でも最も繊細な部分です。乾燥も気になるし、年齢が出やすい部分でもありますね。

薄い皮に、筆やチップで何度もコスメを重ねて、塗りつけることを毎日、しているのですから、密かに相当なダメージを受けているのです。
アイシャドウベースは、そんな目元の皮を摩擦から守り、潤いを保つ役目があるのです。

そして、ベースメイクですから、塗ることによってアイメイクの持ちもよくなりますし、発色もぐんとキレイになります。

目元をしっとりと保湿し、メイク映えもよくなるのですから、使わない手はありませんね。

「でもそんなにメイクにばかりお金をかけられない」というあなた。キャンメイクのようなプチプラ・コスメからもワンコインで優秀なアイシャドウベースは出ていますので、お試し下さい。

アイシャドウベースの使い方

 

 

 

 

 

 

アイシャドウベースを使う時のポイントは、ベースメイク時に目元のファンデーションは避けることです。
重ね塗りしてしまうとメイク崩れしやすくなってしまうので、化粧下地の上にアイシャドウベースをのせます。
使い方としては、アイシャドウベースは適量を指に取り、アイホール全体にのばしていきます。
その上にいつも通りアイシャドウを重ねるだけなので、面倒な作業は全くありません。

 

出典:https://myreco.me/news/view/282

 

アイシャドウベースの種類

 

 

 

 

 

ややマイナーな存在のアイシャドウベースではありますが、各メーカーから様々なタイプのものが発売されています。

リキッドタイプ ヴィセ「ラスティングアイカラーベース」

なめらかでのばしやすく、アイカラーがピタッとフィットして発色もアップします。汗やまぶたの動きに強いので、時間がたってもよれ・にじみ・落ちがなく、つけたての仕上がりをキープ。ファンデーションにも使用されるカバー粉体により、目もとのくすみをカバーするコンシーラー効果があります。色ごとに異なる繊細なパールがブライトアップ効果をあたえます。乾燥しやすい目もとをケアする美容液成分を配合。まぶたにのせやすいフロッキーチップを採用。無香料

 

出典:http://www.cosme.net/product/product_id/10054728/top

グロスタイプ マリークワント「アイグロス」

乾燥やくま、くすみなどの目元の肌悩みをカバーし、アイメイクの仕上がりをアップさせる目元専用ファンデーション。保湿成分が潤いを保ち、小じわやキメの乱れをカバーします。

 

出典:http://www.cosme.net/product/product_id/2904398/top

 

パウダータイプ  RMK Division「インジーニアス アイシャドウベース」

まぶたのくすみをカバーして明るくととのえ、アイシャドウを美しく発色させるアイシャドウベースです。ホワイトイエローのパウダーがまぶたに溶け込むようになじんでくすみを一掃。アイメイク前のほんのひと手間で、上から重ねるアイシャドウ本来の発色を引き立て、仕上がりの完成度をぐっと高めます。

 

出典:http://www.cosme.net/product/product_id/10076799/top

 

まとめ

いかがでしょうか。

「目元までベースメイクをするなんて」と敬遠していた方にもハードルが低く感じて頂けたかと思います。
ランキングで上位のコスメがワンコインで買えるということは、皆さん、考えていることは同じなんですね。
目元の潤いまでキープできてワンコインはお得です。今日から目元からしっかりベースメイクしちゃいましょう。