小顔になろう!チークの入れ方

Pocket

メイクをする上で大切なパーツのチーク。
皆さん正しく使いこなせていますか?
チーク1つでお顔の印象はガラリと変わるので、もう一度正しいチークの選び方や使い方について確認していきましょう。

 

 

肌に合ったチークを選ぼう

【C3】小顔になろう!チークの入れ方_小見出し1

 自分に似合うチークを選ぶ際、押さえておきたいポイントのひとつが肌色です。
 肌色は大きく分けて2つの種類あり、
 それぞれの特徴に、より当てはまる方が自分のベースカラーといわれています。まずは自分の肌のベース色をチェックしてみましょう。

 

 イエローベースの特徴

  • どちらかというと色黒で肌が黄み寄り
  • 唇の色がサーモンやピーチ色寄り
  • 手の色は黄色~オレンジのような色味
  • 日焼けをすると小麦色になりやすい
  • 真っ白な色よりもクリーム色の方が似合う
  • シルバーよりゴールドの方が肌のなじみが良い

 

 イエローベースと相性の良い色(オススメの色は肌に馴染みやすい黄み寄りのカラーです。)

  • シェルピンク
  • コーラルピンク
  • オレンジレッド
  • サーモンピンク
  • アプリコット
  • レッドパプリカ

 

 ブルーベースの特徴

  • どちらかというと色白で肌が青み寄り
  • 唇の色が桜色やローズ色寄り
  • 手の色は青色~赤紫のような色味
  • 日焼けをすると肌が赤くなりやすい
  • クリーム色よりも真っ白な色の方が似合う
  • ゴールドよりシルバーの方が肌なじみが良い

 

 ブルーベースと相性の良い色(オススメの色は、透明感の出る青み寄りのカラーです。)

  • スモーキーピンク
  • ローズピンク
  • ウォーターメロン
  • ピンクベージュ
  • マゼンタ
  • ブルーレッド

 

 

チークを塗るコツ

【C3】小顔になろう!チークの入れ方_小見出し2
 
 チークに付属の小さなブラシや、粉がつき過ぎた状態のブラシでメイクしてしまうと、色ムラだったり、立体感を上手く出せず不自然な仕上がりになってしまいます。
 ほんの一手間加えるだけで、顔立ちが一気に変わるのでぜひ実践してみましょう。

 パウダーチークの塗り方

  1. チークをブラシにたっぷりと含ませ、手の甲にチークを馴染ませながら、量を調整する
  2. 笑った時に出る、頬骨の一番高いところからブラシをくるくるさせながら顔の外に向かってチークを塗っていく
  3. お好みの具合に塗れたら、ブラシにパウダーファンデーションをとり、顔の外側に向ってぼかしたら完成

 

 リキッド・クリームの塗り方

  パウダーチークと同様に、いきなり?に乗せるのではなく、一度手の甲にとって調節しながらつけていくのがポイントです。

  1. チークを少しとり、チークを手の甲に乗せ、指で顔の中心部分にチークを少しずつ乗せていく
  2. 指かスポンジでチークをしっかりと馴染ませぼかしていき、フェイスパウダーをのせ仕上げたら完成

 

 

顔の形に合わせたチークの塗り方

【C3】小顔になろう!チークの入れ方_小見出し3

 チークは間違った使い方をしてしまうと顔が丸く見えたり長く見えたりと逆効果になってしまいます。
 ここでは顔の形別にチークの入れ方をご紹介します。

 

  •  卵型

  卵型の方は『王道』のチークの入れ方で大丈夫です。頬骨の最も高い部分から、こめかみに向けて丸く斜めに入れましょう。
  黒目の外側あたりから入れ始めるのがベストです。

 

  • 丸顔

  丸顔の方はシャープな印象を作り出せると良いでしょう。頬骨の最も高い部分からこめかみにかけて『幅は狭め』に斜めに入れましょう。
  スタート位置は、卵型の方と同じく黒目の外側です。頬の内側に太く入れてしまうと、丸いお顔が更に膨張して見えるので気を付けましょう。

 

  • 面長

  面長の方は縦長感を打ち消すことが大切です。
  頬骨の最も高い部分より少し『下』の位置に、『水平』『横長』のだ円形を入れるのが最大のポイントです。
  卵型の方のように斜めに入れてしまうと縦長感が強調されてしまうので気を付けて。
  スタート位置は卵型・丸顔の方よりも少し内側、黒目の下がベターです。
  顔の外側に入れてしまうと、縦長かつ大きい顔に見えてしまうので注意しましょう。

 

  •  逆三角

  逆三角の方はキツく見えがちなので柔らかさを与えることが大切です。頬の少し高めの位置に広く、大きく、ふんわりと円形に入れましょう。
  スタート位置は卵型の方より内側です。低めに入れてしまうと、あごが強調されてしまったり、老けた印象を与えてしまうので気を付けましょう。

 

  • エラ張り

  エラ張りの方は、張り気味なエラとこめかみ部分を上手に隠すのがポイントです。チークと合わせてシェーディングもマストで入れましょう。
  チークは、頬骨の高い部分から耳方向へ斜めのだ円形に入れ、シェーディングをこめかみとエラに入れましょう。
  エラ部分にチークを入れてしまうと、ベース型感が強調され女性らしさが落ちてしまうので注意しましょう。

 

  • 下ぶくれ

  エラ張りの方と同様、下ぶくれの方もシェーディングはマストです。
  チークを頬の少し高めの位置に横長に入れ、チークの下からアゴにかけてシェーディングを入れましょう。
  膨らんでいる部分はやや広めに影をつけて大丈夫です。
  頬の下の方にチークを入れてしまうと輪郭が強調されてしまうので気をつけましょう。

 

 

いかがでしたか?
チークは、お顔の印象に大きく影響する大事なパーツです。
チークの乗せ方次第で雰囲気もかなり変わってくるので、魅力的な自分を引き出していきましょう。