外国人風メイクで変身したい

【C31】外国人_アイキャッチ
Pocket

女の子なら誰もが憧れる「ハーフ顔」
私は地味な日本人顔だから、のっぺり顔だから…と諦めているみなさん。
トレンドの外国人風メイクでハーフ顔になってみませんか?
ここではメイクはもちろんのこと、
ハーフ顔になったあなたにピッタリのヘアスタイルやファッションもご紹介していきます。

外国人風メイクのポイント

ベースメイクは薄く仕上げて、立体感を出す

ベースメイクはナチュラルに薄くがポイントです。
色素の薄い白い肌を意識して、黄みを抑えるピンク系の下地とファンデーションを使ってみましょう。
シミやクマをコンシーラーでカバーして、その後はファンデーションではなくフェイスパウダーのみを使用するのもオススメです。
外国人の持つ、顔の凹凸を作り出すコツはハイライトとシェーディング。
額や鼻筋など高く見せたい場所にハイライトをのせて、反対にフェイスラインや顎などシャープに見せたい場所はシェーディングをしていきます。

眉はしっかり主張して、目との間隔を狭くする

ブラウン系のアイブロウペンシルで眉の輪郭を描き、その後縁取った眉の中を埋めていきます。
輪郭は、眉山と眉頭が直線になるイメージで描いていきましょう。
また、日本人は目と眉の間隔が広めの傾向があります。
ここの間隔を狭くして、目と眉の距離を近付けることでグンと外国人のようになります。
眉を描き足すときは上側ではなく「下側」を意識しましょう。

アイシャドウとアイライナーはブラウンで統一

誰にでも使いやすいブラウン系の色を使って深みをナチュラル感を同時に出すことができます。
外国人に近付くためには、目元はバッチリ決めなくちゃと思われる方も多いでしょうが、
外国人風メイクはナチュラルなアイメイクが大切なのです。
まずアイホール全体に薄付きのブラウン系アイシャドウを塗っていきます。
アイライナーもブラウンのものを使い、目の周りに太くなりすぎない程度のラインを描いていきます。

カラコンで瞳の色も変えられる

カラーコンタクトを使えば、よりハーフ顔、外国人顔に近づきます。
オーソドックスなブラウン系のヘーゼルやイエローの他、ブルー系ならアメリカ風、グレー系ならロシア風に演出できます。
自分がなりたい顔に合わせて選択してみましょう。

まつ毛は決して手を抜かない

フサフサまつ毛を目指してしっかりとビューラーでカールをつけます。
オススメは明るい印象になるブラウンマスカラです。
ボリュームを出すことを意識してたっぷりと塗っていきましょう。
まつ毛の長さに自信のない方は、目尻が長めのつけまつげを使用してもOKです。

ノーズシャドウで鼻を高く見せる

外国人風メイクに欠かせないのがノーズシャドウ。
入れすぎると舞台メイクのような強烈な印象になるので要注意です。
そうならないためのポイントは、目頭と鼻の間のほんの一部にマットなベージュのシャドウを入れること。
鼻が低くて悩んでいる方もノーズシャドウを入れることで、高く見せることができちゃいます。

チークとリップの色は揃える

チークとリップは必ず同系色で揃えましょう。
ピンク系ならピンク系、オレンジ系ならオレンジ系。
揃えることで自然な血色が演出できます。
チークは頬の高い位置から横に入れるのがポイントです。
ピンク系なら可愛らしい印象に、オレンジ系なら元気な印象になります。

 

外国人風メイクに合わせるヘアスタイル

外国人風ヘアスタイルのポイントは「ヌケ感」です。
セクシーなアンニュイウェーブを目指して、コテやアイロンでゆるく巻いたり、
毛先をメインに大きなウェーブのナチュラルなパーマをかけましょう。
ヘアカラーは赤みを抑えることができる、グリーン系やグレー系をチョイス。
ハイライトで立体感を出したり、さりげなくグラデーションにすれば、
飾りすぎず、カッコイイ海外セレブのような仕上がりになります。

 

外国人風メイクに合わせるファッション

メイクもヘアスタイルも外国人風は、「飾りすぎないこと」が重要です。
そして外国人風ファッションにはスニーカーが欠かせません。
定番のデニム×スニーカーでこなれた感を演出できます。
決してキメすぎず、ファッションもシンプルでカジュアルなものを合わせましょう。

 

まとめ

今回は外国人風メイクを中心にご紹介しました。
普段のメイクを少し変えることで、憧れの「ハーフ顔」にもなれちゃいます。
ヘアスタイルもファッションも合わせて、海外セレブに変身しちゃいましょう。
ぜひ挑戦してみてくださいね!