アイドルメイクで憧れのあの子になろう!

Pocket

ナチュラルだけど、しっかり可愛い。そんな「アイドルフェイス」憧れますよね。
「そんなに可愛いのはアイドルだから?」そういうわけではありません。
「アイドルメイク」でポイントを抑えれば、誰でもアイドルフェイスになれちゃいます。

 

ベースメイクで肌の透明感をつくり出す

 

 

 

 

 

 

アイドルにとって重要な「肌の透明感」

思わず触れたくなるような肌を目指して、まずはベースメイクをマスターしましょう。

下地

透明感を出すためには「ブルー系」の下地を選びましょう。
ニキビ痕等の肌トラブルはコンシーラーで隠しておきます。

ファンデーション

みずみずしい肌に仕上げるためには「リキッドファンデーション」がおすすめです。
顔全体にスポンジもしくは手で薄く塗っていきます。

フェイスパウダー

ナチュラル感を重視するために粉タイプの「ルースパウダー」を使用します。

ハイライト

Tゾーン、頬の高い位置、顎にハイライトをのせてツヤを出します。

ベースメイクのポイントは「透明感」
みずみずしくツヤのある肌に仕上げましょう。

 

 

ポイントメイクはふんわり可愛くナチュラルに

 

 

 

 

 

 

ベースメイクが完了したら、次は「目」や「頬」「口元」などのポイントメイクです。

思わず抱きしめたくなる愛されメイクで「アイドルフェイス」を手に入れましょう。

「困り眉」とも言われるストレートな眉毛に仕上げることがポイント。

  1. 眉の上側のラインを眉尻まで描きます。自然に仕上げるためにアイブロウペンシルではなく「アイブロウパウダー」を使用します。
  2. 眉の下側を目尻へと繋げて、目と平行な眉を作ります。
  3. 眉の内側をパウダーで埋めていきます。

眉の色は髪色に近いナチュラルなものを選びましょう。

アイシャドウ

ナチュラルなアイメイクに仕上げるために「ブラウン系」のアイシャドウを使用します。

  1. アイホール全体にハイライトカラーをのせて、まぶたのくすみをカバーします。
  2. 1の上にミディアムブラウンのアイシャドウをのせていきます。
  3. 下まぶたにハイライトカラーまたは白のアイシャドウをのせます。
  4. 2の上に細目にブラウンのアイシャドウをのせて、しっかりとぼかします。

アイドルフェイスの重要ポイントともなる「涙袋」を意識しつつ、ブラウン系で自然に仕上げましょう。

アイライナー

優しい印象の「タレ目」メイクに仕上げます。

  1. ブラックのペンシルアイライナーでまつ毛の隙間を埋めていきます。
  2. 黒目を大きく見せるために黒目の上にだけアウトラインを引きます。
  3. 目尻は2.3mmオーバーに下げ気味にラインを引いて、タレ目を演出。
  4. 目の下側は目尻だけに濃い目のブラウンアイシャドウをのせて、ぼかします。

アイラインは決して太くなりすぎないよう、心がけましょう。

マスカラ

塗り過ぎることなく、ナチュラルなまつ毛を意識しましょう。
ボリュームタイプより長さ重視の「ロングタイプ」がオススメです。

カラコン

瞳の大きさに自信のない人は、お人形のようなぱっちり目を演出できる「黒」のカラコンを装着しても◎です。

チーク

ふんわり可愛い印象になる「ピンク系」がオススメです。
大きめのブラシを使い、頬の高めの位置から外側へのせていきます。

リップ

チーク同様「ピンク系」のものを選びましょう。
グロスを使って潤いのあるぷっくり唇を作りましょう。

 

 

アイドルメイクにピッタリのヘアスタイル

 

 

 

 

 

 

せっかくアイドルメイクをしたなら、髪型もバッチリきめちゃいましょう。

アイドルメイクにピッタリのヘアスタイルだけでなく、より可愛く見えるポイントも紹介します。

ツインテール

アイドルの王道「ツインテール」
高い位置で結んでアニメから飛び出してきたような元気な印象に、コテで巻いてラブリーに。
ツインテールといっても様々です。
自分のなりたいイメージに合わせてアレンジしちゃいましょう。

黒髪ボブ

清楚系アイドルの定番「黒髪ボブ」
清潔感溢れるボブスタイルは男性からも女性からも支持されています。
前髪はぱっつんにしてもよし、流してもよし。
片耳だけに髪をかけるとすっきりと上品な印象にしてくれます。

ポニーテール

男性に人気「ポニーテール」
ふんわり可愛いアイドルメイクに合わせるには、コテで巻いてから高い位置で結ぶのがポイントです。
リボンを巻いたり、シュシュを使えばさらに可愛く華やかになります。

前髪

アイドルフェイスに重要なのは何といっても「前髪」
重めに作ることで、小顔に見せつつ、瞳を強調することができます。
特にオススメなのが「くるん前髪」です。
長めに重めに作った前髪をカーラーやアイロン、コテを使用して毛先をくるんと巻いて、流します。

触覚

アイドルの鉄板ヘアーでもある顔のサイドの「触覚」
前髪同様、小顔効果と瞳を大きく見せる効果があります。
前髪とつながるこめかみ部分の毛束を残して、アイロンで整えるだけ。
ツインテールやポニーテールとも相性抜群です。

 

まとめ

今回はみんなの憧れ「アイドルフェイス」になれる「アイドルメイク」のポイントをご紹介しました。
メイクに合わせて髪型も決めれば、憧れのあの子になれること間違いなし。
是非、チャレンジしてみてくださいね♪